【bdONLINE限定色:オフ】メタルパーツボウタイニット

Details

商品番号 0172270051
¥ 7,480(税込)

店舗受け取り:○

Variations

Add to cart options

Product Actions

<お仕事シーン・オフィスカジュアルにおすすめ>

[design & styling]
メタルパーツをきかせた上品顔のボウタイニット。フロントのメタルパーツをつけたボウタイが映え、ジャケットやコートINに着ても華やかに見せます。ボウタイはメタルでとまっているので、位置の調整なども必要なく、着るだけで決まるのも嬉しいポイント。ボトムスを選ばずオフィスシーンに活躍する万能ニットです。
[fabric]
目面がフラットでキレイな素材を使用しています。ボディはストレッチ糸をプレーティングした天竺の編地です。
※オフはSANEI bd ONLINEのみで展開の限定商品です。

※モデルの着用画像の場合、光の当たり具合により、実際の色味と異なって見えることがございます。色味は、商品単体の画像をご参照ください。

※ピリングに御注意ください。ピリングは、着用中の摩擦作用により出来た毛玉のことで、これは素材の特性上着用の際避けられない現象です。ピリングが出来ましたら、ブラッシングか、小さなハサミで1つ1つ取り除いて下さい。
  • アイテム詳細

    カテゴリー
    ニット

    素材
    オフ: レーヨン 56% ポリエステル 24% ナイロン 18% ポリウレタン 2%
    グレージュ: レーヨン 56% ポリエステル 24% ナイロン 18% ポリウレタン 2%
    ボルドー: レーヨン 56% ポリエステル 24% ナイロン 18% ポリウレタン 2%
    ブルー: レーヨン 56% ポリエステル 24% ナイロン 18% ポリウレタン 2%

    洗濯絵表示
    オフ:
    グレージュ:
    ボルドー:
    ブルー:

    原産国
    中国製

    品番
    0172270051M043

    洗濯表示
    オフ: ネットを使用してください。 蛍光増白剤が入っていない洗剤を使用して下さい。 濡れたままの放置や、長時間の浸漬はしないで下さい。 形をととのえてから干して下さい。 あて布を使用してください。 摩擦により、素材表面が白っぽくなったり、毛羽立ちが発生したりします。
    グレージュ: ネットを使用してください。 蛍光増白剤が入っていない洗剤を使用して下さい。 濡れたままの放置や、長時間の浸漬はしないで下さい。 形をととのえてから干して下さい。 あて布を使用してください。 摩擦により、素材表面が白っぽくなったり、毛羽立ちが発生したりします。
    ボルドー: ネットを使用してください。 蛍光増白剤が入っていない洗剤を使用して下さい。 濡れたままの放置や、長時間の浸漬はしないで下さい。 形をととのえてから干して下さい。 あて布を使用してください。 摩擦により、素材表面が白っぽくなったり、毛羽立ちが発生したりします。
    ブルー: ネットを使用してください。 蛍光増白剤が入っていない洗剤を使用して下さい。 濡れたままの放置や、長時間の浸漬はしないで下さい。 形をととのえてから干して下さい。 あて布を使用してください。 摩擦により、素材表面が白っぽくなったり、毛羽立ちが発生したりします。
  • サイズ

    サイズ

    バスト
    82CM

    着丈
    55CM

    肩幅
    33CM

    袖丈
    58CM

    ※サイズは実際に採寸した数値を掲載しております。 商品タグにはメーカー標準サイズ(想定しているボディサイズ)が記載されており、実寸サイズとは異なりますのでご注意ください。

  • サイズガイド

STYLING ITEMS

CHECKED ITEMS

  • +more
    NATURAL BEAUTY BASIC
    ニット
    ¥ 7,480(税込)

おすすめコンテンツ

  • 今、気になるを全部見せ!AUTUMN to Winter ワタシの味方・ニット図鑑

    秋と冬を一緒に過ごす「ニット選び」をしたいタイミング。
    2022.11.11

  • 2022 Working Style Award

    働く女性目線で選ぶ「ワーキングアイテム大賞」
    2022.11.11

  • 冬のトレンドカラー総選挙

    \注目度No.1カラーを決めよう/
    2022.11.08

  • pick up!! Keyword #CLASSICAL シーン別・愛され「クラシカル」。

    シーン別におすすめのクラシカルコーデをご紹介します。
    2022.11.01



BRANDS